オンラインゲーム・フリーソフト・パソコンに関する情報配信サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CPU オーバークロック方法

CPUは安定に使えるようにマージンを残して販売されています。そのため、オーバークロックを行うことが可能になります。しかし、オーバークロックは定格外で動かすために故障しても保障は受けられませんし、一見成功したように見えても動作が不安定になったり、パーツの寿命が縮まったりするかもしれません。
それでも挑戦してみたいという方は以下を参考にしてください。ただし、オーバークロックは自己責任であることをお忘れなく!!

■CPU オーバークロック方法
オーバークロックはFSBや倍率を変更により、定格以上で動作させることです。倍率は変更できない場合が多いので、基本的にはFSBを上げていきます!

FSBの上げ方としては、主にBIOSでFSBを上げる方法を採ります。あとは、ソフトウェアを使用する方法もあります。ここでは、BIOSの設定について説明していこうと思います。(FSBの設定はソフトウェアを使用して煮詰めるとよいかもしれません)

FSBを上げる前に、まずは”AGP/PCI”を66/33MHzに固定します。固定しておかないと、これらもオーバークロック状態となるため正常に動かなくなったり、最悪壊れる場合があります!

次にメモリの計算をしましょう。メモリはFSBの上昇とともに、クロックが上昇します。そのため、そのままの設定ではCPUよりも先にメモリの耐性が限界になることがあります。

”Pentium4 2.4Cとメモリ(DDR400)”の組み合わせを例に考えていきます。Pentium4 2.4Cは”200×12=2400MHz”で動作します。メモリ(DDR400)は”200×2=400MHz”で動作します。

それでは、FSB200→250にする場合を考えます!

この場合は、CPUは”250×12=3000MHz”で動作します。
そして、メモリ(DDR400)は、”250×2=500MHz”で動作します。これはDDR500の性能が必要になることを示します。

そこで、BIOSの設定でDDR333やDDR266に変更します!
DDR333の場合:250 × (333÷400) × 2 =416.25MHz
DDR266の場合:250 × (266÷400) ×2 =332.5MHz

このように考えると、DDR400のメモリをFSB250で使うには・・・
BIOSでDDR266に変更しなければいけないことが分かります!
FSBを上げるときには、それに見合ったメモリの能力になるように計算しなくてはいけません。

最後に、オーバークロックのポイントを2点挙げておきたいと思います!
まず一つはオーバークロックは発熱を伴うので、冷却に注意することです!リテールのファンは定格で使用することを前提に作られているようなので、もしかしたら冷却能力が足らないかもしれません。
二つ目は、CPUの電圧です。CPUは電圧を上げることで、オーバークロックの耐性が定格電圧よりも高くなる傾向にあります。ただし、電圧を上げすぎるとCPUが壊れる危険性がより高くなりますので注意してください。
スポンサーサイト



トラックバックURLは
http://cz3.blog67.fc2.com/tb.php/40-465ce175

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Remarkable Onlinegame

新作無料ゲーム

PS2で大人気だった三国無双が今度はオンラインで!!しかも無料でプレイできる!!


超大作MMORPGが基本料無料化♪管理人が選ぶベストMMORPG!きっと、あなたもやりたくなるはず―
グラナド 紹介記事

アクセスカウンター

人気無料オンラインゲーム


アバターを作成して、ゲームやチャットを楽もう♪♪
アットゲームズ 紹介記事

愛くるしいキャラクターと簡単操作が魅力的♪インストール不要で、すぐに始められる☆
バルビレッジ 紹介記事

オンラインゴルフゲームの定番といえば、もちろん・・・
スカッとゴルフ パンヤ

管理人 オススメ

サイト内検索

トラックバック 募集中

Blog Ranking

自己紹介

profile_image
名前 : tomo
CZ3 ○○○○○113 !?
RSSフィード : RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。